贈与税 税率

  • 相続税対策のための生前贈与と贈与税について

    もっとも、生前贈与には贈与税が課せられることから、生前贈与をしたほうが、かえって損をするおそれもあるので注意しましょう。 ・贈与税の基礎控除贈与税の課税方法の一つに暦年課税があります。これは、一年間に受贈者が受け取った財産額の合計のうち、110万円を超えた分に対して課税される方法です。つまり、年間110万円以下の...

  • 法人税の種類

    法人の所得の金額に税率を掛けた金額を税金額として申告納税します。・市町村税法人の住民税にあたります。資本金と従業員の数に応じて課されます。 ひまわり税理士法人では、大阪市・堺市・箕面市・枚方市をはじめとする、関西圏を中心に西日本全域で、「顧問税理士」、「記帳代行」、「法人税」などに関する税務相談を承っております。...

  • 相続税申告を税理士に依頼するメリット

    相続税の節税対策には、生前贈与による贈与税の基礎控除や非課税の特例を利用することや、土地や建物の評価額の減額措置を利用するなど様々な方法があります。また、両親のうち一方の親が亡くなった場合の一次相続と、その後もう片方の親が亡くなった場合の二次相続があります。一次相続の際に、二次相続にかかる相続税の課税を念頭にいれ...

  • 医療法人の相続・事業承継について

    これにより、法人がそれまで積み上げてきた余剰金や現金化できない不動産や施設を合わせると相続・贈与税が発生してしまうのです。医療法人が廃業した場合において、出資持分なしであれば、はこれらの資産は地方公共団体に属することになり、出資持分に対して課税される税金はありません。現在8割の医療法人が出資持分ありとなっています...

  • 相続税申告の流れ

    この他にも、配偶者、未成年、障害者の税額控除や贈与税額控除など相続税が減額される場合があります。なお、配偶者の税額軽減と贈与税額控除を適用するには、控除の計算の結果、納税義務がたとえなかったとしても相続税申告が必要になります。・相続税申告の必要書類相続税申告書、財産目録、遺言書のコピー、遺産分割協議書、相続関係説...

  • 相続税の基礎控除について

    そして、課税対象額に応じて税率と控除額が決まっており、相続税額が算出されます。遺産総額とは、相続財産のうちの課税対象となる財産(本来の相続財産、みなし相続財産、死亡前三年以内に贈与された財産、相続時精算課税特例を適用し贈与された財産)から負債部分を差し引いた額です。したがって、相続税=(遺産総額-基礎控除額)×相...

  • 相続税の課税対象となる財産とは

    相続時精算課税の特例とは、親が子(子が死亡している場合は孫)に、この特例を適用して生前贈与する場合、2500万円の金額以内であれば贈与税が非課税となる制度です。贈与65歳以上の親が贈与者であり、かつ20歳以上の子(または孫)が受贈者となる場合のみ適用されます。・非課税財産非課税財産は、遺産のうち、法律で規定された...

  • 不動産を相続したときの手続きとかかる税金

    税率控除額1,000万円以下10%‐1,000万円超から3,000万円以下15%50万円3,000万円超から5,000万円以下20%200万円5,000万円超から1億円以下30%700万円1億円超から3億円以下40%1,700万円2億円超から3億円以下45%2,700万円3億円超から6億円以下50%4,200万円...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観