ひまわり税理士法人 > 税務相談 > 税務調査とは

税務調査とは

法人は毎年の税務申告を行うことになりますが、万が一、申告した内容が誤っていたことが発覚した、または重大な脱税行為が疑われる場合には、税務署が調査を行います。これを「税務調査」と言います。この税務調査で、場合によっては追徴課税が課税される場合があり、重大な脱税の場合には重加算税が課税されることになります。

 

税務調査は税務署から税務調査をしたい旨の連絡を受け、税務調査の日程を税務署の職員と調整を行います。税務調査当日は2~3日の調査の後、1~2か月ほどの審査機関を経て終了しますが、その期間税務署との対応を行わなければなりません。弊社では、税務署とのやり取りや税務調査の立ち合いなどを代行させていただくことによって、法人の皆さんの事業に影響が出ないようにお手伝いをさせていただいております。

 

ひまわり税理士法人では、大阪市・堺市・箕面市・枚方市をはじめとする、関西圏を中心に西日本全域で、「顧問税理士」、「記帳代行」、「法人税」などに関する税務相談を承っております。「税務調査」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観