銀行 融資 個人事業主

  • 事業計画書の重要性について

    銀行などの金融機関は実績をもとに融資するかどうかの判断を下すため、起業段階というのはアピールポイントを持っていないということになるのです。しかし、そうした状況でも唯一アピールすることができるのが事業計画です。これから事業がどのように成長していくのか十分に魅力を伝えることができ、相手を説得させることができれば融資を...

  • 起業資金の調達方法

    資金の調達方法は主に銀行などからの借入となりますが、起業時においてはこの方法を選択することが困難です。なぜなら、起業時の会社・個人には何の実績も無く、信頼に値するかどうかの判断がつき難いからです。 もし、銀行などの金融機関から融資を受けることが出来なかった場合には、起業を諦めるしか選択肢はないのでしょうか。けっし...

  • 銀行融資の審査を通すコツ

    創業したばかりの頃や今後事業展開していく場合には、銀行から融資を受けることがあります。しかし、銀行からの融資は必ず受けられるものではなく銀行の審査を経て融資が実行されることになります。もちろん銀行融資の審査が下りないという可能性もあるのですが、審査を通すコツがいくつかあります。 ①返済能力をアピールする銀行が最...

  • 個人事業と会社設立の違いとは

    時には司法書士など専門家の力を借りなければならないこともあるため、費用は個人事業主の場合と比べて高額となってしまいます。 会社を設立して事業を始めた場合、個人事業よりも社会的な信頼度が高いとされています。しかし、会社には守らなければならない会計規則などもあり、制約が多いというデメリットもあります。起業した段階での...

  • 起業・創業支援とは

    そうした場合に、金融機関の融資担当者を説得させることができるレベルの事業計画書や資金繰り表を作成することができるのは税理士などの一部の専門家に限られます。 起業は得られる収入が多くなりますが、それだけ大きなリスクも抱えることになります。起業を成功させるためにも、税理士をはじめとした専門家に一度ご相談ください。ひま...

  • 相続税の課税対象となる財産とは

    本来の相続財産の例としては、銀行口座の預貯金や株式、社債、不動産、家具や貴金属、自動車などの動産、地上権、賃借権や著作権、特許権、商標権などの各種権利、工業機械や原材料、売掛金などの事業用財産があります。・みなし相続財産みなし相続財産とは、本来は相続財産ではないものの、被相続人が死亡したと同時に相続人が金銭を受け...

  • 独立失敗しないコツは税理士にお聞きください

    また、金融機関から融資を受ける際には、金融機関を説得できる事業計画書の作成に力添えをいたします。 他にも、会社の経理を税理士に任せることによって、業績を細かく知ることができ、経営が落ち込んでいるときに次の一手を迅速に取ることができる等のメリットがあります。 経営状況を客観視できず、1人で抱え込んでしまう人は、独立...

  • 大阪市の記帳代行はひまわり税理士法人へ

    個人事業主である場合には、自らが法人税や所得税などを納める必要がありますが、それらの額は帳簿で記されている額によって変動します。適切な税金額を納めるためにも、記帳はしっかりと行う必要があります。 もっとも、記帳は全ての取引を計上しなければならず、時間と体力がかかり、骨の折れる作業と思う方が多いかと思います。そのよ...

  • 創業融資のメリット・デメリット

    創業融資とは、会社を設立する際に自分だけで必要資金を賄うことができない場合に、他者からお金を借りることを指します。その主な手段として、日本政策金融公庫からの創業融資が考えられます。しかし、創業融資にはメリットとデメリットの双方が存在するため、慎重に検討する必要があります。 まずは、メリットについてです。メリットと...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観