制度 融資

  • 創業融資のメリット・デメリット

    創業融資とは、会社を設立する際に自分だけで必要資金を賄うことができない場合に、他者からお金を借りることを指します。その主な手段として、日本政策金融公庫からの創業融資が考えられます。しかし、創業融資にはメリットとデメリットの双方が存在するため、慎重に検討する必要があります。 まずは、メリットについてです。メリットと...

  • 事業計画書の重要性について

    銀行などの金融機関は実績をもとに融資するかどうかの判断を下すため、起業段階というのはアピールポイントを持っていないということになるのです。しかし、そうした状況でも唯一アピールすることができるのが事業計画です。これから事業がどのように成長していくのか十分に魅力を伝えることができ、相手を説得させることができれば融資を...

  • 起業資金の調達方法

    もし、銀行などの金融機関から融資を受けることが出来なかった場合には、起業を諦めるしか選択肢はないのでしょうか。けっしてそういう訳ではありません。ベンチャーキャピタルに出資を求めたり、自己資金で起業資金は賄ったり、ビジネスコンテストで資金を獲得するといった方法もあります。また、昨今はインターネットが普及し、クラウド...

  • 起業・創業支援とは

    そうした場合に、金融機関の融資担当者を説得させることができるレベルの事業計画書や資金繰り表を作成することができるのは税理士などの一部の専門家に限られます。 起業は得られる収入が多くなりますが、それだけ大きなリスクも抱えることになります。起業を成功させるためにも、税理士をはじめとした専門家に一度ご相談ください。ひま...

  • 相続税の課税対象となる財産とは

    相続時精算課税の特例とは、親が子(子が死亡している場合は孫)に、この特例を適用して生前贈与する場合、2500万円の金額以内であれば贈与税が非課税となる制度です。贈与65歳以上の親が贈与者であり、かつ20歳以上の子(または孫)が受贈者となる場合のみ適用されます。・非課税財産非課税財産は、遺産のうち、法律で規定された...

  • 独立失敗しないコツは税理士にお聞きください

    また、金融機関から融資を受ける際には、金融機関を説得できる事業計画書の作成に力添えをいたします。 他にも、会社の経理を税理士に任せることによって、業績を細かく知ることができ、経営が落ち込んでいるときに次の一手を迅速に取ることができる等のメリットがあります。 経営状況を客観視できず、1人で抱え込んでしまう人は、独立...

  • 相続税が軽減される配偶者控除はどんな制度?

    相続税における配偶者控除制度とは、被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した遺産額が一定金額を超過するまでは配偶者の相続税は非課税となる制度をいいます。では、実際にいくらから配偶者に相続税が発生するのでしょうか。 〇1億6千万円〇配偶者の法定相続分相当額 以上の金額を超過しない限り、配偶者の相続税は非課...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観