贈与税 非課税

  • 相続税申告を税理士に依頼するメリット

    相続税の節税対策には、生前贈与による贈与税の基礎控除や非課税の特例を利用することや、土地や建物の評価額の減額措置を利用するなど様々な方法があります。また、両親のうち一方の親が亡くなった場合の一次相続と、その後もう片方の親が亡くなった場合の二次相続があります。一次相続の際に、二次相続にかかる相続税の課税を念頭にいれ...

  • 相続税対策のための生前贈与と贈与税について

    もっとも、生前贈与には贈与税が課せられることから、生前贈与をしたほうが、かえって損をするおそれもあるので注意しましょう。 ・贈与税の基礎控除贈与税の課税方法の一つに暦年課税があります。これは、一年間に受贈者が受け取った財産額の合計のうち、110万円を超えた分に対して課税される方法です。つまり、年間110万円以下の...

  • 相続税申告の流れ

    また、被相続人の死亡によって受け取りを指定していた生命保険や死亡退職金を相続人が受け取った場合、非課税枠(500×法定相続人の数)が適用されてさらに控除されます。この他にも、配偶者、未成年、障害者の税額控除や贈与税額控除など相続税が減額される場合があります。なお、配偶者の税額軽減と贈与税額控除を適用するには、控除...

  • 相続税の課税対象となる財産とは

    これら以外の財産は、非課税財産として相続税の課税対象外となります。 ・本来の相続財産本来の相続財産とは、被相続人の遺産のうち換金性のある財産のことです。相続税の課税となる財産から、みなし相続財産、相続開始時よりも前の3年以内になされた生前贈与や相続時精算課税の特例を適用した生前贈与による財産を除いたものです。した...

  • 医療法人の相続・事業承継について

    これにより、法人がそれまで積み上げてきた余剰金や現金化できない不動産や施設を合わせると相続・贈与税が発生してしまうのです。医療法人が廃業した場合において、出資持分なしであれば、はこれらの資産は地方公共団体に属することになり、出資持分に対して課税される税金はありません。現在8割の医療法人が出資持分ありとなっています...

  • 相続税の基礎控除について

    相続税は、被相続人の遺産総額のうち、法定相続人の人数に応じて算出された基礎控除額の分までは非課税となります。したがって、基礎控除の仕組みを知ることで、相続税の納税義務があるのかどうかを知ることができます。 ・相続税の発生相続税は、被相続人の遺産総額が基礎控除額を超えた部分の金額(課税対象額)に発生します。そして、...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観