相続 税額 計算

  • 顧問税理士とは

    年末調整は、従業員から必要書類を回収するだけなく、所得税の計算等を行う必要がありますが、その業務を税理士が代行いたします。・給与計算給与計算業務も顧問税理士が行うことが出来ます。毎月の勤怠データをもとに、税理士が食金額の計算から源泉所得税や社会保険料などの計算を行い、給与の計算を行います。 この業務のほかにも、節...

  • 税務業務とは

    代表的なものとしては、「給与計算」や「確定申告」、「法人の決算」、「税務調査の対応」、「記帳」などを言います。 これらの業務は非常に重要なものではありますが、同時に非常に業務が面倒なものでもあります。税務に関することは、経理担当の採用など人件費も多くかかってきます。そのような場合に活用いただきたいのが、「税理士」...

  • 相続税申告を税理士に依頼するメリット

    相続税の節税対策には、生前贈与による贈与税の基礎控除や非課税の特例を利用することや、土地や建物の評価額の減額措置を利用するなど様々な方法があります。また、両親のうち一方の親が亡くなった場合の一次相続と、その後もう片方の親が亡くなった場合の二次相続があります。一次相続の際に、二次相続にかかる相続税の課税を念頭にいれ...

  • 医療法人の相続・事業承継について

    一般的な株式会社で事業承継を行う場合、保有する株式が議決権となりますから、子どもへ事業承継する場合は自分の持っている株式をそのまま相続すれば事業承継が完了します。ところが、医療法人の社員総会では1社員が1議決権を有しています。そのため、医療法人を設立するときに出資した「出資持分」を相続するだけでは医療法人の事業承...

  • 相続税対策のための生前贈与と贈与税について

    生前贈与を行うことで、本人が亡くなった後に課税される相続税の課税対象の財産を減らせることから節税対策になります。もっとも、生前贈与には贈与税が課せられることから、生前贈与をしたほうが、かえって損をするおそれもあるので注意しましょう。 ・贈与税の基礎控除贈与税の課税方法の一つに暦年課税があります。これは、一年間に受...

  • 相続税申告の流れ

    ・被相続人の亡くなった直後相続が開始されると、まずは、被相続人の死亡届、保険証の返却、世帯主の変更届を行います。また、被相続人に所得税の納税義務がある場合は、被相続人が亡くなった日の翌日から4カ月以内に相続人が代わりに準確定申告・納税を済ませます。次に、相続税申告は、相続人が誰であるか、相続財産は何かを特定する必...

  • 相続税の基礎控除について

    相続税は、被相続人の遺産総額のうち、法定相続人の人数に応じて算出された基礎控除額の分までは非課税となります。したがって、基礎控除の仕組みを知ることで、相続税の納税義務があるのかどうかを知ることができます。 ・相続税の発生相続税は、被相続人の遺産総額が基礎控除額を超えた部分の金額(課税対象額)に発生します。そして、...

  • 相続税の課税対象となる財産とは

    相続税の課税対象となる財産には、本来の相続財産、みなし相続財産、相続開始時よりも前の3年以内になされた生前贈与や相続時精算課税の特例を適用し生前贈与された財産があります。これら以外の財産は、非課税財産として相続税の課税対象外となります。 ・本来の相続財産本来の相続財産とは、被相続人の遺産のうち換金性のある財産のこ...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観