相続税 申告 書

  • 法人税の種類

    税務申告申告を行うものとして、法人税がありますが、法人税の中でも多くの種類の税金があります。 ・法人税ここでの法人税は「国税」としての法人税です。前述した広義での「法人税」は法人が支払うべきすべての税金をまとめて「法人税」といいます。狭義での「法人税」は法人の利益に対して納めるべき国税です。・消費税消費税は、サ...

  • 税務調査とは

    法人は毎年の税務申告を行うことになりますが、万が一、申告した内容が誤っていたことが発覚した、または重大な脱税行為が疑われる場合には、税務署が調査を行います。これを「税務調査」と言います。この税務調査で、場合によっては追徴課税が課税される場合があり、重大な脱税の場合には重加算税が課税されることになります。 税務調査...

  • 法人の確定申告

    法人の確定申告のことを一般的に「税務申告」と言う場合があります。法人は、法人の利益に応じて、法人税、消費税、都道府県税、市町村税などを支払う必要があります。また、この税務申告は決算月から2か月以内に申告を行う必要があります。 また、決算月に関わる税務申告のみならず、毎月行う税務申告もあります。代表的なものとしては...

  • 顧問税理士とは

    税務顧問が出来ることは、記帳代行や決算類作成代行をはじめ、多くあります。 ・会計指導日々の会計業務で注意すべきところなどを税理士がアドバイスすることが可能です。・年末調整毎年の従業員の年末調整も顧問税理士にお任せください。年末調整は、従業員から必要類を回収するだけなく、所得税の計算等を行う必要がありますが、そ...

  • 税務業務とは

    代表的なものとしては、「給与計算」や「確定申告」、「法人の決算」、「税務調査の対応」、「記帳」などを言います。 これらの業務は非常に重要なものではありますが、同時に非常に業務が面倒なものでもあります。税務に関することは、経理担当の採用など人件費も多くかかってきます。そのような場合に活用いただきたいのが、「税理士」...

  • 起業支援を税理士に依頼するメリット

    金融機関を説得することができる効果的な事業計画の作成や補助金・助成金の案内など、独力では困難な部分を税務のプロとしてサポートします。 また、会社の業績管理が出来るという点でも税理士は心強い味方となります。会社の経理を適当にこなし、財務状況を適切に把握できていないと、事業を継続させることは不可能です。税理士がサポ...

  • 事業計画書の重要性について

    事業計画は起業の成功を大きく左右すると言っても過言ではありません。なぜなら、事業計画の完成度次第では資金調達が上手くいかず、事業存続を断念せざるを得ない状況に陥ってしまうからです。 そもそも起業した段階というのは、会社・個人に何の実績もありません。銀行などの金融機関は実績をもとに融資するかどうかの判断を下すた...

  • 個人事業と会社設立の違いとは

    ただ申請を出せば良いのです。 一方、会社設立を行う場合は定款の作成や公証人役場での認証手続き、登記申請などのステップを踏む必要があります。時には司法士など専門家の力を借りなければならないこともあるため、費用は個人事業主の場合と比べて高額となってしまいます。 会社を設立して事業を始めた場合、個人事業よりも社会的...

  • 起業・創業支援とは

    税務のプロフェッショナルである税理士は、事業計画の作成や資金調達への助言、会計ソフトの導入や税務顧問としての依頼まで幅広い分野で起業をサポートすることができます。 実績もない創業期は会社の資金繰りを調整することが難しく、資金調達の成否が事業の存続を大きく左右することもあります。そうした場合に、金融機関の融資担当...

  • 相続税申告を税理士に依頼するメリット

    相続税の節税対策には、生前贈与による贈与税の基礎控除や非課税の特例を利用することや、土地や建物の評価額の減額措置を利用するなど様々な方法があります。また、両親のうち一方の親が亡くなった場合の一次相続と、その後もう片方の親が亡くなった場合の二次相続があります。一次相続の際に、二次相続にかかる相続税の課税を念頭にいれ...

  • 医療法人の相続・事業承継について

    医療法人の事業承継の難点となっているのが相続税の負担です。医療機関には出資持分ありと出資持分なしの2つの形態があります。出資持ち分あり医療機関では、出資した金額に対して財産評価基本通達による評価が適用されます。これにより、法人がそれまで積み上げてきた余剰金や現金化できない不動産や施設を合わせると相続・贈与税が発生...

  • 相続税対策のための生前贈与と贈与税について

    生前贈与を行うことで、本人が亡くなった後に課税される相続税の課税対象の財産を減らせることから節税対策になります。もっとも、生前贈与には贈与税が課せられることから、生前贈与をしたほうが、かえって損をするおそれもあるので注意しましょう。 ・贈与税の基礎控除贈与税の課税方法の一つに暦年課税があります。これは、一年間に受...

  • 相続税申告の流れ

    また、被相続人に所得税の納税義務がある場合は、被相続人が亡くなった日の翌日から4カ月以内に相続人が代わりに準確定申告・納税を済ませます。次に、相続税申告は、相続人が誰であるか、相続財産は何かを特定する必要があります。遺言がある場合は、内容を確認し、それに従って遺産分割を行います。遺言がない場合、被相続人の身辺...

  • 相続税の基礎控除について

    相続税は、被相続人の遺産総額のうち、法定相続人の人数に応じて算出された基礎控除額の分までは非課税となります。したがって、基礎控除の仕組みを知ることで、相続税の納税義務があるのかどうかを知ることができます。 ・相続税の発生相続税は、被相続人の遺産総額が基礎控除額を超えた部分の金額(課税対象額)に発生します。そして、...

  • 相続税の課税対象となる財産とは

    相続税の課税対象となる財産には、本来の相続財産、みなし相続財産、相続開始時よりも前の3年以内になされた生前贈与や相続時精算課税の特例を適用し生前贈与された財産があります。これら以外の財産は、非課税財産として相続税の課税対象外となります。 ・本来の相続財産本来の相続財産とは、被相続人の遺産のうち換金性のある財産のこ...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観