ひまわり税理士法人 > 相続 > 相続税が軽減される配偶者控除はどんな制度?

相続税が軽減される配偶者控除はどんな制度?

■相続税における配偶者控除とは
相続税における配偶者控除制度とは、被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した遺産額が一定金額を超過するまでは配偶者の相続税は非課税となる制度をいいます。
では、実際にいくらから配偶者に相続税が発生するのでしょうか。

 

〇1億6千万円
〇配偶者の法定相続分相当額

 

以上の金額を超過しない限り、配偶者の相続税は非課税となります。
なお、配偶者控除を受けるためには、相続税の申告書の提出が必要です。

 

■課税遺産総額の計算
配偶者控除が利用できるかどうかを分ける、相続税の課税対象となる課税遺産総額の計算方法を以下にご紹介します。

 

①遺産総額の価額と、相続時精算課税の適用を受ける財産の価額の合計
②①の合計から債務・葬式費用・非課税財産を差し引くことによる遺産額の算出
③遺産額に相続開始前3年以内の暦年課税に係る贈与財産の価額を加算することによる正味の遺産額の算出
④正味の遺産額から基礎控除額を差し引く

 

①について、遺産総額を算出するうえで土地や建物を評価するためには、国税庁の定める相続税評価額である「路線価」が宅地や建物の価値基準となります。

 

ひまわり税理士法人は、大阪市・堺市・箕面市・枚方市をはじめとする、関西圏を中心に西日本全域にお住まいの方のお悩みに広くお応えする税理士法人です。
相続・配偶者控除についてお考えの方は、ひまわり税理士法人までお気軽にお問い合わせください。

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観