ひまわり税理士法人 > 起業支援サポート > 個人事業と会社設立の違いとは

個人事業と会社設立の違いとは

起業すると言っても、その方法は一つではありません。
個人事業としてスタートする方法と会社設立を行う場合の2種類に分けられます。

 

個人事業としてビジネスを始める方法は初期費用が安く済むという利点が挙げられます。個人事業としての届出を出すだけでビジネスを始めることが出来るのです。この届出を出すにあたっては収入印紙を貼る必要もありませんし、なにか手続きに諸費用がかかってくる訳でもありません。ただ申請書を出せば良いのです。

 

一方、会社設立を行う場合は定款の作成や公証人役場での認証手続き、登記申請などのステップを踏む必要があります。時には司法書士など専門家の力を借りなければならないこともあるため、費用は個人事業主の場合と比べて高額となってしまいます。

 

会社を設立して事業を始めた場合、個人事業よりも社会的な信頼度が高いとされています。しかし、会社には守らなければならない会計規則などもあり、制約が多いというデメリットもあります。起業した段階での事業規模を判断材料とし、個人事業か会社設立かを選択すると良いでしょう。

 

ひまわり税理士法人は、大阪市・堺市・箕面市・枚方市をはじめとする、関西圏を中心に西日本全域で皆さまからのご相談を承っております。起業準備でお悩みの際は、弊社までご相談ください。ご相談者様に寄り添い、お悩みを迅速・丁寧に解決いたします。

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観