ひまわり税理士法人 > 相続 > 事業承継の3つの方法とは

事業承継の3つの方法とは

事業を誰かに承継したい場合には、親族や第三者、そして他社に対して事業承継を行います。それぞれの方法においてメリットデメリットがあるため、事業承継の3つの方法を理解して最も効率の良い事業承継を行うことが必要です。

 

①親族間での事業承継
親族間で事業承継を行うことによって、相続による事業承継を行うことができる、従業員や取引先にも「親族」という理由で信頼を得やすいというところが大きなメリットとして挙げられます。一方親族だからといって経営の手腕がいいというわけではないため、事業承継をした後の経営状況には不安が残りやすい事業承継になります。

 

②親族以外での事業承継
親族ではなく従業員や役員などに事業承継を行うこともあります。この方法はすでに会社の経営について精通している人に事業承継できることから経営の安定性を図れることがメリットとして挙げられますが、一方で株式を後継者に買い取ってもらうことや後継者に個人保証を拒否される可能性もあるため事業承継が難航する可能性もあります。

 

③他社への買収による事業承継(M&A)
最後にM&Aを使って事業承継する方法があります。M&Aは購入を希望する企業へ事業を承継するため経営面でも売却後の資金問題も解決しやすいですが、一方で購入希望者が出ない場合には長期化することも考えられます。

 

ひまわり税理士法人は、大阪市・堺市・箕面市・枚方市をはじめとする、関西圏を中心に西日本全域で皆さまからのご相談を承っております。事業承継でお悩みの際は、弊社までご相談ください。ご相談者様に寄り添い、お悩みを迅速・丁寧に解決いたします。

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観