ひまわり税理士法人 > 起業支援サポート > 創業融資のメリット・デメリット

創業融資のメリット・デメリット

創業融資とは、会社を設立する際に自分だけで必要資金を賄うことができない場合に、他者からお金を借りることを指します。
その主な手段として、日本政策金融公庫からの創業融資が考えられます。
しかし、創業融資にはメリットとデメリットの双方が存在するため、慎重に検討する必要があります。

 

まずは、メリットについてです。
メリットとして、担保や保証人が必要ないこと、早急に融資を受けられること、金利が固定されているため計画を立てやすいことが挙げられます。
新たに事業を開始する際には、担保を付けることや、保証人の選出が難しいことがありますが、創業融資の場合、必要とされないことが多いです。
また、融資を受けられることが決定すれば、3週間〜1ヶ月の期間で融資が実行されます。
そのため、円滑な経営を行うことが可能です。
その他にも、変動金利ではなく固定金利であることから、資金計画を立てやすいというメリットもあります。

 

次にデメリットについてです。
デメリットとしては、金利がやや高く設定されていることや、融資の上限が設けられていることが挙げられます。
制度融資と金利を比較すると、創業融資は少し高めに金利が設定されています。
無担保で無保証で融資を受けられるということから金利が高めとなっています。
また、融資の上限は3000万円となっており、行う予定の事業規模に見合わない場合も考えられます。

 

このように、創業融資にはメリットとデメリットが存在します。
他の金融機関からの借入、制度融資、補助金やVCなど別の資金調達方法と比較し、状況に適した手段を選ぶ必要があります。

 

ひまわり税理士法人は、大阪市・堺市・箕面市・枚方市をはじめとする、関西圏を中心に西日本全域で活動しています。
創業融資でお困りの際は、お気軽にご連絡ください。

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-14-28 山五ビル5階西室
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観