ひまわり税理士法人 > 相続に関するキーワード > 事業承継税制 会社 要件

事業承継税制 会社 要件

  • 起業支援を税理士に依頼するメリット

    しかし実際は、起業から事業承継という会社の一生をサポートすることができる存在なのです。 特に起業時において、税理士は幅広い分野でサポートすることができます。まず、起業準備で最も大変な資金調達において力を発揮することができます。金融機関を説得することができる効果的な事業計画書の作成や補助金・助成金の案内など、独力で...

  • 事業計画書の重要性について

    そもそも起業した段階というのは、会社・個人に何の実績もありません。銀行などの金融機関は実績をもとに融資するかどうかの判断を下すため、起業段階というのはアピールポイントを持っていないということになるのです。しかし、そうした状況でも唯一アピールすることができるのが事業計画です。これから事業がどのように成長していくのか...

  • 起業資金の調達方法

    なぜなら、起業時の会社・個人には何の実績も無く、信頼に値するかどうかの判断がつき難いからです。 もし、銀行などの金融機関から融資を受けることが出来なかった場合には、起業を諦めるしか選択肢はないのでしょうか。けっしてそういう訳ではありません。ベンチャーキャピタルに出資を求めたり、自己資金で起業資金は賄ったり、ビジネ...

  • 起業するために必要な準備とは

    また、脱サラして起業しようと考えている場合は、会社をどのタイミングで辞めるのかも考えておく必要があります。辞表を提出すれば会社を辞めることができますが、退職を申し出る期限はいつまでになっているかは会社によって規則が異なりますし、退職後には社会保険などを変更する手続きを行わなければなりません。こちらも時間に余裕をも...

  • 起業・法人設立するメリットとデメリット

    起業の段階で会社設立を行うことにはメリットとデメリットが存在します。 メリットの1点目は、社会的な信頼度が高いという点です。かつては株式会社の設立に1000万円の最低資本金が設定されていたことがあり、今でも株式会社には資本力があるといったイメージが世間一般にあります。また、個人との間ではなく、会社という組織と取引...

  • 個人事業と会社設立の違いとは

    個人事業としてスタートする方法と会社設立を行う場合の2種類に分けられます。 個人事業としてビジネスを始める方法は初期費用が安く済むという利点が挙げられます。個人事業としての届出を出すだけでビジネスを始めることが出来るのです。この届出を出すにあたっては収入印紙を貼る必要もありませんし、なにか手続きに諸費用がかかって...

  • 起業・創業支援とは

    実績もない創業期は会社の資金繰りを調整することが難しく、資金調達の成否が事業の存続を大きく左右することもあります。そうした場合に、金融機関の融資担当者を説得させることができるレベルの事業計画書や資金繰り表を作成することができるのは税理士などの一部の専門家に限られます。 起業は得られる収入が多くなりますが、それだけ...

  • 医療法人の相続・事業承継について

    一般的な株式会社で事業承継を行う場合、保有する株式が議決権となりますから、子どもへ事業承継する場合は自分の持っている株式をそのまま相続すれば事業承継が完了します。ところが、医療法人の社員総会では1社員が1議決権を有しています。そのため、医療法人を設立するときに出資した「出資持分」を相続するだけでは医療法人の事業承...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

税理士紹介

事務所概要

名称 ひまわり税理士法人
所在地 大阪府大阪市西区北堀江1-1-23 四ツ橋養田ビル8D
連絡先 TEL:06-6568-9117 FAX:06-6568-9172
対応時間 平日 9:00~17:00(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能)
初回相談 無料
事務所外観